読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

Kindle

ベトナム渡航まであと1日。

熱は下がったし、のどの痛みも大分おさまったけれど、今度は痰が出たがっているようで咳が止まらない。

咳って、腰に負担をかけるんですよね。咳き込むたびに体が痛くなります。

耳の奥もなんか痛い…

泣いても笑っても今日で回復させるのだ!

 

今日はベトナム渡航のために買ったもののお話。

 

ベトナムは観光客にも人気があり、しかもここ数年で経済的にも発展してきているため、ベトナム戦争だとか過去の暗いイメージから抜け出した感はありますが、

やはり社会主義国という日本とは異なる政治的システムの国家であることを忘れてはいけません。

 

書籍やCD,DVDに関しては検閲が入ることもあるそうだし、

日本から荷物を送ると時間がかかるうえに、かなりの関税がかかるそうなので

私は一気に持っていくことに決めました。

特に書籍は、現地で使用する日本語教材が10冊以上運ばなければなりません。

加えて活字中毒なので、自分が読む本もある程度持っていきたい。だけど持っていける量に限りがある。

となると、アレに頼るしかありませんよね?

 

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

 

 はい、ついに電子書籍デビューです。

一番安いのを購入しました。

 

私が読みたいと思う本はなかなか電子書籍になっていないのが残念ですが、洋書はかなりの確率でkindleに取り入れられるので節約になるし、英語の勉強になるのでいい買い物だと思っています。

和書もkindleのコーナーから面白そうなのを選んで、自分の読書世界を広げるとしますかね。

まだ5冊程度しかデータを入れていませんが、まずはベトナムへ向かう機内で読書を楽しむつもりです。

 

余談ですが、現在寝こみ中の私は自分の本を再読して楽しんでいます。