安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

ダナン上陸

f:id:soyliliani:20150804110123j:plain

成田発15:30のベトナム航空で直行便にてダナン時間18:30過ぎに無事到着しました。

日本からは2時間遅れのベトナム。合計すると5時間ほどのフライトでした。

機内では本を読んだり、キクタンでベトナム語の勉強をしたり、うとうとしたりして過ごしていたので割とあっという間でした。

 

さて、今回の荷物ですが…

f:id:soyliliani:20150804110045j:plain

見事超過分34キロ。

超過分4万円は派遣元負担だったのでよかった~。

だって~、ベトナムは送ると関税かかるし~、日本語教材もっていかないといけなかったし~。

何はともあれこれさえあれば生活に困ることはないだろうというものを持っていきました。前回のマーシャルには反対にもっていかなさ過ぎたので、その反省も生かし荷物に加えたものもあります。

 

ダナンへ遊びに行く日本人観光客、特に親子連れが目立ちました。

もちろん彼らは軽装。スーツケースだってせいぜい大きいのが1つくらいです。その中で目立って大量の荷物を抱えているわけですから悪目立ちすることこの上なし(笑)

空港出口のカウンターで係員のおじさんに怒られてしまいました。

 

しかし、そこも出てしまえばこちらのもの。

出口の向こうには現地スタッフの方々や先発隊の同僚たちが待っていてくれました。

車で向かったのはダナン大聖堂。私の滞在先はこの近くにあるのです。

荷物を置いて、大家さんとあいさつし、町へ繰り出します。

機内食は食べたけれど、やっぱり小腹がすいたので晩御飯を食べていなかった同僚たちと近くのフォーのお店へ。

f:id:soyliliani:20150804110144j:plain

ベトナムで最初のお食事はベタではありますが、いかにもベトナムって感じの簡易食堂で本場のフォーガー(鶏肉入りフォー)。香草やライムを入れて美味しくいただきました。

 

まだ全快したわけではなく、この日はのどの調子が悪くハスキーボイスを通り越して声が出なくなっていたので、食事の後は部屋に戻ってシャワーを浴びて就寝。

 

仕事が本格的に始まるまで、久々の海外旅行気分でダナンという街を楽しもうと思います。