安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

フリートーク

ダナン生活1週間にして、物見遊山的な街歩き生活にもちょっと飽きてきた今日この頃。

こちらの人たちとももっと接していきたいし、言葉も学んでいきたい。

そして仕事だけではなく、ダナンにあるNGOなどでお手伝いできたらいいな、なんてお思っていたのだけれど、早くもそんな機会に恵まれることになった。

 

前回の記事で紹介したさくらフレンズカフェでは、日本語を学ぶベトナム人とダナン在住の日本人との交流を大事にしていて、ほぼ毎晩日本語れのフリートークが開催されているという話を聞いた私たちは、早速翌日からフリートークのお手伝いをさせてもらうことにした。

f:id:soyliliani:20150812071523j:plain

そんなわけで迎えた初日の昨日。

6時からの回と7時半からの回との2回行われるフリートークに私は療法参加させてもらい、流れを把握。今回は最初なので私たちの自己紹介も兼ねた質問トーク。私たちからもダナンのおすすめなどを聞いてみた。

 

お互いちょっと緊張した面持ちで6時の回が終了。そして迎えた7時半の回はベトナムトイレ事情が話題となり、大爆笑の展開に。

 

私は日本語教師生活の中でベトナムの学生さんに教えたことがなかったので、フリートークを経験することで彼らの日本語の発話や理解力などを仕事が始まる前に知ることができるので非常にありがたい。

人から聞く話ではこちらの人たちは詰込み型教育を受けてきているから、暗記が非常に得意だという。だけど私も街で会う日本語を話してくれるベトナム人や今回のフリートークで出会った人たちと話してみると、日本語をかなり勉強していて、知っていることはたくさんあるけれどそれが実際の運用に生かされていないケースが多いなと感じた。

 

もちろんとても流暢に日本語を話すベトナム人にも出会ったけれど、こういった人たちはすでに日本人配偶者がいたり、日本で生活した経験があったりと運用経験がある。

つまり、私たちがもっと運用の機会を与えれば素晴らしき日本語話者となる可能性を秘めた存在でもある。これからの仕事の中での日本語の授業も「使える」ようになることをゴールに進めていきたいと決意を新たにした。

 

なんて思っていたら、さっそく今日のフリートークを任されることになった(笑)

でも1年ぶりに日本語を教えるというかそれに近いことをやれるのが楽しい。

やっぱりこの仕事が自分の仕事なんだなと感じる今日この頃。

 

実はこちらのさくらフレンズカフェとはもう一つ別の形でお手伝いをさせてもらえることになったのだけれど、それについてはもっと具体的になってからまた改めて投稿しようと思う。(また引っ張る私…笑)

 

ダナン生活がますます楽しくなってきた。