読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

生活の知恵

有難いことに私のアパートにはバスタブがついている。

湯船につかる文化に育った私にとってはバスタブの存在意義は非常に大きい。

ここに移ってくる前にもバスタブがついていたが(あの事件が起きたあそこです)、

ここにもバスタブが備え付けられていて、狂喜したのも束の間、何ってこったいバスタブの栓がついていない・・・ORZ

 

海外のホテルにはよくあるんだよね、栓が外れているんだか、外されているんだか。

栓の大きさを測って大型店へ行けばもしかしたら売ってるのかもしれないけど、当座はこんな風にしてみることに。

f:id:soyliliani:20150818081755j:plain

プラスティックの袋を栓の上に置いて、袋の上に水がたまるとその重みで栓が閉まる、という仕組み。

f:id:soyliliani:20150818081846j:plain

肩までつかるほど溜めることはないけど、腰のあたりにつくかつかないくらいお湯が溜まったら、精油を垂らし、さらにシャワーを打たせ湯にして数分お湯で体を温める要領で入浴を楽しむ。

やはりシャワーだけのときと睡眠の質と体の疲れの解消度が違う。

 

実はこのお風呂、移ってきた当初はお湯が出る時間が短かった。数分で水に代わってしまうので閉口した。現地スタッフさんにお願いして大家さん経由でガス給湯器を変えてもらったのだった。おかげで現在は快適な?お風呂生活が味わえるというわけ。

 

バスタブにつかれないシャワーだけの生活を2年やっていたことがある私は(しかも最後の半年は水シャワー)湯船につかることが身体的にも精神的にも大事であることを知っている。だからベトナムへ来たらおそらくシャワーしかないだろうから、バケツにお湯をためて足湯をしようとか、その時は雨合羽を着て発汗を促そうとか考えていたのだが、予期せぬ天の恵みがあってうれしい毎日なのである。