読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

カトゥー族のハーブガーデンとおもてなし料理

f:id:soyliliani:20150825224221j:plain

汗だく?ダンスでお出迎えの後、ダンスをしてくれた村を離れて一同再び車中へ。

次なる村へ向かいました。

そこは薬草に強い村、ということで高床式のグンハウスで薬草を使ったお茶(ジンジャー系の植物とみた。仁丹の風味)をいただき、薬草について簡単なレクチャーをしてもらいました。

そして彼らの伝統料理のひとつである粽の作り方を体験。

ていうか、笹の葉を曲げて形を作りもち米をいれ、三角の形にして結ぶのですが、単純なようで意外とみんな四苦八苦。

f:id:soyliliani:20150825224345j:plain

色々教えてくれた女性陣に別れを告げて、一同村を歩きハーブが植えられたお庭へ連れて行ってもらいました。

f:id:soyliliani:20150825224510j:plain

何も知らないで見ていたら植物が生い茂っている、となんとなくの全体像しか見えてきませんが、一つ一つ丁寧に説明をしてもらうことでカトゥー族の文化というか長い歴史の中で培われた叡智に少しでも触れられたような心地がします。

f:id:soyliliani:20150825224542j:plain

シナモンの葉っぱ、と何気なく手渡されたもの。確かにシナモンの香りがしました。

 

ここで私は一目ぼれをしてしまいました。

f:id:soyliliani:20150825224631j:plain

ガイド役の女性が身につけてペンダント。

この大きな黒いのは木の実ですが、南米にもオホベナトという類似のものがあります。

こちらでわたくしこの手の装飾品を大人買いしてしまいました。

 

植物園散策で私たちのおなかも刺激されて?空腹のピークに。

「お腹すきませんか?」とガイドさんの合図で車で食事を提供してくれる村へ移動。

 

グンハウスに上がるとそこには・・・!

f:id:soyliliani:20150825224736j:plain

豪華カトゥーランチ!!!!

 

普段はキャッサバやお米など質素食生活のカトゥー族の皆さんですが、客人をもてなすときはこんな風にさまざまなメニューをこしらえてくれるのです。

これぞカトゥーのお・も・て・な・し

f:id:soyliliani:20150825225034j:plain

いつもおいしくいただくベトナム料理ですが、脂っこいものや独特な風味のヌクマムを使っていて日本の食べ物とはまた違う食生活を数週間送っていた私たち。久々に素朴な味付けで「茹でる・蒸す」調理方法のお料理をいただき、ほっこりしました。

 

はい、ここで再び惚れ込んでしまったものがあります。

それは・・・

f:id:soyliliani:20150825224842j:plain

 

カトゥー族のスパイスをアレンジした塩山椒です。

 

こちらではカトゥー族が山で採取したスパイスを使って販売用プロダクトを開発しており、販売もしています。スパイスのほかにも天然の蜂蜜もあります。

 

カトゥー族オリジナル塩山椒を即買いしたことは言うまでもありません。帰ってきてからもずっと料理に使っていることも言うまでもありません笑。このおいしさ、癖になります。なくなったら禁断症状が出るんじゃないかっていうくらいです。

 

お腹も膨れ、お気に入りも見つけたところでツアーもクライマックスを迎えます。

最後に向かった場所は・・・

おっと時間切れ。次の機会に。