読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

ベトナム語レッスン

f:id:soyliliani:20151023091039j:plain

昨日からベトナム語を習い始めた。

前にも書いたけれど、独学の限界を感じていたので、先生探しをしていたのだが先日ご縁があって教えていただけることになり早速昨日からレッスンスタート。

 

毎週木曜日の午後6時から、Le Loi通りの近くのカフェで1時間ほどプライベートで教えていただく運びとなった。

 

昨日は初レッスン。仕事を終えて片付けもそこそこ職場を出る。同僚とLê Duẩn通りにあるお店でチェーを食べてからカフェへと赴く。

 

先生は少し年上の男性の先生で長く日本に住んでいたことから日本語堪能な方。レッスンの方向性について簡単に話してからいざベトナム語会話が始まった。

 

7月にベトナム語の勉強を始めてから3か月たってるわけだけど、さぼってた時期もあるから本当はもっと話せるようになっていないといけない。でもまあ、ところどころ日本語で言葉の意味を聞きながらもなんとか自分が言いたいことは相手に伝えることができた。考えてみれば今までの中で一番ベトナム語をしゃべった気がする。

 

私は比較的語学を勉強して話すのは苦手ではない。最初はおぼつかないというのは誰しもそうだと思うし、私も例外ではないけれどルールとある程度の量の語彙を覚えれば、ルールに沿って言葉を置いていけばいいのだから、あとは自分の口から発するだけ。

 

ただ一番苦手なのは聞き取り。自分が片言でも話すものなら相手はネイティブスピードでベトナム語をまくしたてられるのがオチ。もう何が何だかわからない。わかるはずの言葉にも反応できないから、そこでコミュニケーションが終わってしまうのがいつもの流れ。

 

だからそれを改善したくてレッスンを始めることにしたのだけど、やはり今回も自分の聴解力の低さを痛感した。とはいっても、こういうのは慣れの問題だから、これから何度も練習を重ねていくことで会話力も聴解力も上がっていくのではないかと思っている。

 

ちなみに今現在の私の勉強方法は

 

みんなの日本語初級Ⅰベトナム語解説にある例文や会話文をベトナム語でノートに書き写す→わからない言葉や表現を調べてメモ&それでもわからないものはベトナム人の友達や現地スタッフ、そして先生に質問

 

②↑で出てきた新出語彙などを小さいフラッシュカードに書いて、頻繁に見るようにする。時々ネイティブの知人、や教え子に発音を教えてもらいながら練習する。

f:id:soyliliani:20151023091155j:plain

③パンフレットや書類などをさくらフレンズカフェでの日本語フリートークの時に持参して、ベトナム語の言葉を日本語で説明してもらうというタスクを相手に課す…なかでちゃっかり自分がベトナム語の勉強をしているという(笑)

④そして今回増えたのが週1回1時間のプライベートレッスン。昨日のレッスン最後に先生と話してレッスンのやり方を決めたのだけれど、30分は話をして、残りの時間で私の自習で出てきた質問に答えてもらうのと発音矯正をしてもらうという形になった。これで今の課題、会話力と聴解力が向上するかな。

 

大事なのは継続性、日々の予復習が大事。それなくしては語学は上達しない。もちろん実際に使ってみることも同じくらい大事だけどね。

 

とにかく頑張ろう。11月いっぱいまで仕事も忙しいので、スペイン語再開は12月からにしようかな。今月の残り(あと1週間だけど)と来月はベトナム語に集中しよう。