安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

【2016年6月加筆あり】マッサージの話

f:id:soyliliani:20151128210859j:plain

在越日本人の多くがお世話になるのがマッサージ屋。

ここ数年で外国人居住者数と訪問者数が軒並み上昇しているダナンでも、あまたのマッサージ屋がある。日本では考えられないほど安価のため、週単位で通う人もいる。というか、実は私がそう。授業は立ち仕事だし、午前中は事務作業で座りっぱなしだし、デスクワークや趣味の手作り、ベトナム語の勉強、と肩こり、足腰のむくみ、眼精疲労には常に悩まされているから、こうしたボディメンテナンスは欠かせないのである。

 

この3か月でいろいろなところに行ってみて、施術を受けてきたけれど面白い体験をすることもあれば、ツボにはまるマッサージを受けて至福の時を過ごしたりしてきた。

 

有名どころだとアラカルテ(アラカルト)ホテルのスパ非常に評判が良いようだ。私は未体験なのだけれど、友人が試して若干高くてもその価値はあると言っていた。

f:id:soyliliani:20151128210923j:plain

中心街のハイチャウ地区北にあるViet Foot Spaは外国人客が多いようだ。一度友人と訪れたことがあるけれど、31万ドン(1700円前後)で90分、漢方足湯、フットメインの全身マッサージとフェイスジェルマスクがコンボになったコースがあり、コスパの高いマッサージとして知られている。

 

雨期に入って汗の量が少なくなったため、トイレがやたらと近くなった時期があった。これはいかんとネットで調べたとあるスパでホットストーンマッサージと併せてハーブサウナなるものを試してみたのだが、これは自分が燻製になるかと思った笑。でもおかげでたっぷり汗をかくことができた。

 

こちらのマッサージはオイルマッサージなので、9割すっぽんぽんになる必要がある。それくらいならなんてことはないのだろうけれど、施術者が男性ということもざらにある。かくいう私も2回ほど男性担当だった。こちらではそういうことに抵抗はないのだろうか?もし男性の担当者に抵抗があるのならば、事前に女性希望の旨を伝えておいたほうがベター。

フットマッサージも油断してはいけない。リンパの流れをよくするべく鼠蹊部までしっかり押すので、きわどいところもあらわになってしまうからだ。気になる人は短いスパッツをはいておくといいかもしれない。

 

まあ、そんなこんなのマッサージが良い生活だけれど、すでに私にはお気に入りがあるので、6回券を購入済み。お得意様になりつつある今日この頃。

え?お気に入りはどこかって?

なまえをダイレクトに出してしまうと普段からそこへ行っているお得意さんたちが予約できなくなってしまうので、正直あまり声を大にしてお伝えするのにためらいを感じている。

だけど、知りたいですよね~。

まあTrip advisorで紹介されて、人気上位2つのところは間違いないです。