読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

シマノナカマ

ツブヤキ

f:id:soyliliani:20151201204832j:plain

日本から友達がダナンへやってきた。年末前に急に休みが取れたらしく、本当に突如ベトナムの地に上陸した。南の島にいたころの仲間だからか、東京砂漠でワーカホリック状態だと島が恋しくなったようでベトナムのアイランドスタイルを求めてやってきた。

 

まずは私と共通の友人がいるこのダナンへきてくれたというわけ。

 

日曜の朝、1年半ぶりに再会。

 

久しぶりなんていうあいさつをしたけれど、あんまりそんな感じがしない。

 

何だか不思議な気分である。

 

1週間前には全く想像だにしなかったが、いまこの瞬間私はマーシャル時代の仲間と、バインセオをほおばり、LARUEビールで乾杯して、バックダン通りのココナッツアイスクリーム屋で島暮らしのよもや話に花を咲かせているのだ。

 

一夜明けた月曜日は仕事があるため本人は一人ホイアンを満喫していたようだが、夜に合流し、ご当地メニューのミークワンを食しながら、今度はこちらの仕事の話なぞをする。

そして2次会は私のアパートでマーシャル時代の動画や写真を見て、ブエブエナート(マーシャル語でおしゃべり)。

 

人との縁とは不思議なものだ。あれだけ狭い島で濃密すぎる人間関係を持ちながらも、島から出てしまえばさようなら、の人もいるし、反対になんだかんだで縁が続いている人もいる。SNSのおかげというかせいというか、昔よりかはつながりが長続きしやすくなったのだろうけれど、だからと言って、すべての友達とつながり続けるわけではないのだ。

 

不思議であろうと、自分のコントロール不能な領域にあろうと、ともかく自分が向き合うご縁は大事にしたい。そしてどんなに懇意にしていても去りゆくものを追い、目の前の「今」をおろそかにする生き方はするまい、と昨日マーシャル仲間たちと話しながらそんなことを考えていた。