読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

日本祭

f:id:soyliliani:20160103184809j:plain

ベトナムでは1月1日だけが休日となっていて、2日の土曜日はいつも通り仕事に向かうバイクが見られた。

とはいえ、1日も街中は決して静まり返ることはなく、朝のウォーキングの時には近所の花屋街も通常通りの賑わいでなんだかほっとした。実は私はお正月のゴーストタウン化した街並みが好きではないのだ。歩いているとなんだか悲しくなってしまうから。

 

1日の友人の誕生日に引き続き、2日も友達に会った。にんじんを買い忘れたので、彩りに乏しいお雑煮を作って一緒に食べてから、とある場所へ向かった。ダナン市街地から南下した郊外にあるアミューズメントパークHELIOで、日本祭が開催されていたのだ。

f:id:soyliliani:20160103184842j:plain

前日の元旦は相当な人出だったようだが、その日は土曜日ということに加え、お天気もさほど良くなく、人もまばらだった。「日本祭」、懐かしい響きだ。マーシャルで隊員仲間たちと頑張って開催したなあ、と昔日を思いつつ会場を回る。規模こそ大きくはないものの、ステージが設けられ時間によってはショーがあるようだった。伝統的なCool Japanというよりかは、アニメやコスプレと言った若者向けのサブカルチャー色を前面に出した演出。ズバリ看板にも春祭りとコスプレコンテストとある。

 

ベトナムでは昔から日本のアニメが放映されている。ドラマは韓国(とインド)、アニメは日本という公式が定着しているのがベトナム。アニメでも子供向けのドラえもんクレヨンしんちゃん名探偵コナンは安定の人気。しかし私にとっては未開の領域の大人向けアニメもそれなりに人気があるようだ。

f:id:soyliliani:20160103184917j:plain

ベトナム人のコスプレイヤー、なかなか美しいですな。詳しい人からするハイレベルでしょうか?

 

文化紹介で忘れちゃいけないのが、食。今回も食のブースはたくさん出ていた。お寿司、たこ焼き、どら焼き、焼き鳥、焼きそば・・・屋台フードの定番を出すお店がいくつかかぶっていた感じだ。海外で日本食を紹介するとき、どうしても屋台フードに偏ってしまう。それは現地の人の口に合いやすいものを選ぶ必要性が生まれてくるわけで、現にベトナムでもいわゆる私たち日本人がいつも食べているような家庭料理は、受けが悪い。

f:id:soyliliani:20160103184945j:plain

今回のイベントではわれらがさくらフレンズカフェも出店していて、たこ焼きと焼きそば、どら焼きとドリンク類を販売していた。前日は相当な売り上げだったらしい。友達とサクラになろうとたこ焼きとどら焼きを注文。すると何組かお客さんが来て、かっていってくれた!(ちなみに私は結構こういうことがある。誰もいないお店に入ると、気が付いたらお客さんがいっぱいいた、みたいな。人間招き猫と呼んでください)

 

人でにぎわっていたわけではないけれど、若い人たちの手作り感あふれるこのお祭り。これからも続けてほしいなと思うし、さらにグレードアップも図ってもらいたいと思う。日本文化(子供の伝統的なおもちゃとか書道とか着付けとか折り紙とか)が体験できるワークショップブースもあると面白いと思う。