読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

ダナンのこれがイイネ

f:id:soyliliani:20160109090740j:plain

ダナンはいいところだと来る前から人に言われてきた。

地名こそ聞いたことはあったものの、何があるのかもわからなかった。

リゾートがあることや、最近やたらと世界的にダナン押し的な風潮があることも知っていた。

だから一度ハノイに住んでいたことのある人に突っ込んでみたことがあった。

「ダナンって何がそんなにいいんですか?」

 

答えは、新鮮なシーフードにありつけるからだということだった。

ほかにも「ダナンはいいところですよ。住めるなんて羨ましいですね。」なんて言われたけれど、正直ピンと来ないまま私はダナンの地に降り立った。

f:id:soyliliani:20160109090703j:plain

そうこうしているうちにダナン生活も5か月が過ぎて、私も多少なりともダナンの良さが分かってきた。今回はそんなダナンの魅力について個人的に思うことを書き綴っていきたい。

 

結論から言うと、ダナンは旅行するというよりかは暮らすのには最高な街だということ。理由は、

・治安がいい

・人が穏やかでまっすぐな気質

・コンパクトな大きさの街だからのんびりしている

・シンプルライフが送れる

・物価が安い

・新鮮な食材にありつける

・海と川が近くにあるからお散歩が楽しい

世界遺産へのアクセスに便利:フエやホイアン、ミーソン遺跡へ行くのに便利

 

ダナンで何が気に入ったかというと、ダナンの人の笑顔だ。食堂にせよお店にせよ、最初は愛想が悪くても、こちらが笑顔でお礼を言えば輝かんばかりのまっすぐな笑顔を見せてくれる。そこがすごく好きだったりする。特にごく若い男の子のはにかんだような笑顔には思わずやられてしまう。

f:id:soyliliani:20160109091037j:plain

中部人は自他ともに認める「真面目」な性格の人が多いという。確かにハノイホーチミンほど極端にぼったくられることもないし(ホイアンやダナンのハン市場は例外)、人をだましてやろうとか、ちょっとの隙があればものを盗んでやろう、というような殺気は感じない。

 

海外暮らしとはいえ、さほど肩ひじ張らなくてもリラックスして日常を楽しむことができるのがダナンなのだと思う。娯楽が限られるのと慣れてしまうとちょっと退屈してしまうけれど、怖い思いをすることなく生活費を安く抑えられるのだからこれ以上ありがたいことはない。

 

今回はダナン押しの記事を書いたので、次回はダナンの「ちょっと残念」なところを書いてみようかな。