読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

マスクコレクション

f:id:soyliliani:20160126212257j:plain

ベトナム生活ではマスクが必需品である。

バイクが圧倒的に多いので排気ガスがひどいというのもあるし、顔の半分くらいを覆ってくれるから日焼け対策にもなる。だからかベトナム人ライダーズは90パーセント以上が男女関係なく、サングラスとマスクにヘルメットという仮面ライダー状態でダナンの街を駆け抜けている。

 

私はもちろんライダーではないけれど、時に友達のバイクに乗っけてもらうこともあるし、第一そんな大気汚染激しいベトナムの街を徒歩で移動する身なのでやはりマスクは必要なのである。(ダナンはハノイホーチミンと比べると格段に大気汚染の度合いは低いのだが…)

 

実は私の初マスクは、ダナンで迎えた誕生日に同僚3人がそれぞれのチョイスでプレゼントしてくれたものだった。ぬいぐるみ系、ナチュラル系、バッタもん系とそれぞれのテイストがベトナムらしくて気に入っていた。

 

が、使っているうちに紛失してしまったりするのが人間の常である。気が付いたらどれも行方不明になってしまった。半ばショックで失せものいずるのを待っていたが、残念ながら私のもとには戻ってきてはくれなかった。あきらめて自分でマスクを買うことにした。

 

そこで向かったのが、最近はまりつつあるドンダー市場である。コン市場よりも安くて、ローカル的なのんびりした感じがあって、程よくきれいなのだ。ベトナム語の授業が比較的ドンダー市場と同じ方角にあるので、授業前にいざ、ドンダー。

 

マスクは用品売り場にあるのが常である。靴下などど一緒に売られている。選択肢はまさに無限大。マスクの山から自分好みのものを探すのもなんだかシュールな宝探しのようである。今回選んだのが冒頭の写真の3品。一枚は紫の小花柄でナチュラル系(1万ドン=約65円)。ほかの2枚は着物柄とかエスニックな感じが気に入った(それぞれ7千ドン=約40円)。

 

日本でみんながしているような白い不折布のでは味気ない(高機能なんだろうけど)ではないか、このベトナム流マスクおしゃれ、新しい。はやらせたいくらいだ。今度の一時帰国でマスクを持ち帰ろうかしらん。