安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

始動

f:id:soyliliani:20160229233826j:plain

あっという間に3月に入ってしまう。

ダナンに来てから7か月がたとうとしていて、それはつまり自分に残された時間が4か月しかないことを意味する。4か月も、という発想の転換をして~なんて言う話ではなく、それは私の次のステップをいかにデザインするかという割と真剣なことに及ぶのである。

 

もちろん今までそのことを無視して過ごしていたわけではなくて、自分がどうしたいのかという事はずっと考えてきた。ダナン、もしくはベトナムに残ることも視野に入れていたし今もそれは自分の選択肢から完全消去したわけではない。

 

ただ一つ思ったのが、このまま同じ道に進むと飛躍できないな、一生、ということ。社会人になって10年以上たつわけで、そろそろただの日本語の先生からは脱皮したい気持ちがある。もちろん日本語教師が悪いのではなく、あくまで私のなりたいありかただけの話。ありがたいことに、ここで日本語教師やってくれませんかというお話をいただくこともあるけれど、このまま自分ができることだけやっていても、私のビジョンは永遠に夢物語のままだよな、と思ったりする。

 

そこで一つちょっとした博打を打つことにしたのだ。一時帰国中に少しずつ動き始めていた。もちろん初めてすぐに結果が出せるわけではない。一種のエンジンふかし。自分が何らかの動きを持たないと、何の変化も起こらないから。ダナンに戻って来て本格的に少しずつ(矛盾してる?)動いてきて、そろそろ準備が整った。具体的にはまだ言えないけれど、とにかく私は動き出している。

 

人は行くべきところへ行き、進むべき道に進んでいくと私は信じている。だけど、なんのアクションも自分で起こす必要はある。だから私はいま動き出している。

 

というわけでしなやかにさくっと先へ進めることを祈っている。