安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

新規開拓★Bún chả編

f:id:soyliliani:20160315215928j:plain

最近昼食はお弁当といった自炊食が多かったので、そろそろベトナムの食を日常的に楽しみたくなってきてしまった。そういうわけで今週は冒険週間と称して、普段とは違った食やいつも行かないところへ足を踏み入れてみることに決めた。

 

そんなわけで今日はランチ休憩中に、タクシーに乗ってとある場所へ。

f:id:soyliliani:20160315220019j:plain

ベトナム料理で一番好きと言っても過言ではないBún chả(ブンチャー)の新しいお店を見つけたのである。情報源はこちら。Foody Da Nangはベトナム食べログベトナム語だけど何とかうっす~らと理解した断片的な情報をかき集めて利用している。カフェ開拓もこのサイトなしにはできない、というくらい重宝している。

www.foody.vn

但し、ベトナム語初心者用の語学学習ツールとしてはあまりふさわしくない。というのも過去にベトナム語の先生と一緒にこのサイトの本文を読む練習をしようとしたのだけど、先生に翻訳してもらったら支離滅裂な文章で、先生も「変な文章~!」とあきれ顔だったのだ。ベトナム語上級者なら今どきの表現を学ぶ上ではいいのかもしれないけれど、初心者はこういうのを教材にすると混乱するかもね。

f:id:soyliliani:20160315220051j:plain

何はともあれ、ブンチャーの話。お店に入った途端、流ちょうな英語で接客されたことにややびっくり。ダナンのごく普通の店構えのお店で、こんなにスマートな英語対応されることはかなりまれな事なのだ。しかし、よく見て見ればこのお店、ほかのローカルの食堂とは若干雰囲気を異にする。壁一面にはちょっとぶきっちょなタッチのドローイングが施され、スペシャルドリンクはピーチティーと洒落た感じ。お店でてきぱき動くのもやる気のある若者たち。後で聞いてみたら、殆どがハノイ出身だという。

f:id:soyliliani:20160315220118j:plain

さて、肝心のお味の方は・・・?おしゃれに盛り付けられたブンチャーのスープは他よりも甘酸っぱさが際立っていてなかなかの美味。リピートOKですな、と同行者と一致。気になるお値段は、ブンチャー自体が3万5000ドンと平均価格。ピーチティーが1万5千で今回の合計は5万ドン(280円程度)。

 

帰りは職場まで余裕で歩けたので、次回からは歩いていきます。食後の腹ごなしにもなってちょうどよいのです。また一ついいお店を見つけることができてうれしいな。

 

*お店情報*

Bún Chả Bà Béo

120Hàm nghi