読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

ハン川クルーズ船転覆事故

e.vnexpress.net

週末とても残念なことが起きてしまった。

ダナン名物と言われているハン川のクルーズ船で転覆事故が発生し、子供2人と成人男性1名の命が犠牲になったのだ。事の発端は4日の土曜日。ハン川は夜になるとあまたのクルーズ船でにぎわう。特に週末は午後9時前にドラゴン橋から火と水を噴くというちょっとしたアトラクションがあるため、この時間に合わせて観光客がクルーズ船でハン川を遊覧するのである。かくいう私も以前仕事の接待で、このクルーズ船に乗ったことがある。

 

日曜の朝Facebookdeフォローしている地元のメディアが記事をシェアしていた。残念ながら見出しを見て理解できるほどのベトナム語力はないのだが、何となくハン川で事故があったことはつかめた。朝のウォーキングに出て、ハン川沿いを歩くとNOVOTELのそばの船着場には緑色の制服に身を包んだ(ほとんどが裸足だった)軍人が詰めていて、人だかりもしていた。ただならぬ気配を感じたので、今日現地スタッフに聞いてみたところ、冒頭のような事故が発生したのだという。

 

 

何でも28席しかないクルーズ船に倍の56人が乗っていたのだという。明らかにキャパオーバーである。そのため転覆してしまい、あまり泳ぐのに慣れていないベトナム人だから相当なパニックに陥ってしまったようだ。クルーズ船にはちゃんとライフジャケットが搭載されているのだが、そういうものがちゃんと使われたのだろうか。

 

ダナンは今やベトナムの中でも絶大な人気を誇る観光地となってきている。しかし、色々な観点から見ても、観光地としてのキャパはまだ備えていないと言わざるを得ない。利益を上げるあまり安全性を優先しない傾向は何もベトナムに限ったことではないのだろうけれど、ついこの間もハロン湾ハノイから何時間か行った先にある世界遺産)のクルーズ船が炎上したりと、観光客にとっては身の毛もよだつような事故が起こった。

 

もう二度とこのような事故は起こってほしくない。安全性を確かなものにした観光地化を目指してほしいと思う。今回犠牲になった3名の方々のご冥福をお祈りします。またご遺族の心が少しでも癒されることを願っています。