読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安南のへそ

発展著しいベトナム中部の町、ダナン暮らしを経てすっかりベトナムマニアになってしまいました。ディープに書き綴ってまいります。

朝から晩まで取材でダナンの中と外を駆け回った一日

f:id:soyliliani:20170314231808j:plain

今日は朝から夕方までいろいろなところへ出向き、たくさんの方々にお目にかかってきました。

ふー、こんな濃厚な一日はめったにないからぐったりだ。

 

特にここ半年近くは家族のことや諸々のことでいろいろな重なって、人に会って話をすることから遠ざかっていたから、こんなにコミュニケーションを重ねるというのが本当に久しぶりのことなのである。

 

だけど、ダナンに住んでいても、知らないこと、知らない人、行ったことのない土地というのは当然ながらあるわけで、しかも月単位で変化を遂げるダナンの街には、私の不在の9か月の間にたくさんの新しいお店がオープンしていた。

 

 

朝からダナン初のチョコレート(すぐばれるね)の創設者に取材をして、そのあとはなじみのお土産屋さんへ。久々にオーナーの方に再会して挨拶もそこそこお互いの話が止まらない状態に。

 

その方と一緒に、共通の知人の元へ。その道中で新装開店のお店をのぞいたり、写真を撮ったりしていたので、えらく道草に時間がかかってしまった。やっとのことで知人のもとにたどり着き、ミークワンのおいしい店でランチ。そこで女3人かトゥー族の話で大盛り上がり。

 

それから近くにできた高級オーガニック食材店を冷やかし、解散。私はダナン博物館へ。アート性が高くなったと聞いていたので「ついにダナンにもアートが解禁されたか!?」と期待大だったのだが、実際には以前とほぼ同様の展示でしかなかった。まあ、それでも久々の来訪だったので、いい復習になったし新たな発見があったのも事実。

 

そこからが今日のクライマックス。タクシーを拾ってダナン市外から外れたところにある枯葉剤被害者救援施設へ出向く。が、運ちゃん道がわからず、思いっきり遠回りをしてくれたのでえらくタクシー代がかかってしまい、初めて30万ドン越してしまった。

ホイアン行くのとあんまり変わらないじゃん!

 

が、そこではまた新たな素晴らしい出会いが待っていて、行く価値があったと思う。

 

街に戻りお茶をしてから昨日の宿で荷物をピックアップして、ホテル移動と思ったらなんと頼んでおいた洗濯物がまだ届いておらず、1時間ほど待ちぼうけ。

 

やっとたどり着いたホテルは今回の宿の中で一番いいところだったので、一安心。さっさとシャワーを浴びて、今日の晩御飯は控えめにして、さっさと寝ようと思う。